So-net無料ブログ作成

山岸信郎氏の逝去 [アート論]

田村画廊、真木画廊のご主人だった山岸信郎氏が亡くなられた。

田村画廊は、神田にあって1970年前後の、
もの派の拠点画廊という印象が、私には強かった。
床がコンクリートの打ちっぱなしで、
何でも、どうでもできたところが、
もの派には良かったと言えるのではなかったろうか。

私が初めて田村画廊にいったのは、1971年だったのだろうか。
最初のその体験は覚えていて、
画廊いっぱいに新聞紙を積み上げていた作品
だった。誰の作品かは覚えていない。
印象深い作品は、画廊の床を掘った作品で、
清水誠一氏のと、高山登氏がやっている。

私も1973年にフロアイベントmeetアフェクとグリーンという作品を
柴田雅子氏とやっていて、
画廊にラッテックスを流して、外まで溢れ出て歩道を流れて、
パトカーが来る騒ぎになった。

あと、新田村画廊の時に、
ウッドペインティングの57577の作品をやっている。

故・山岸信郎氏は、なかなか個性の強い方であった。
貸し画廊ではあったが、1970年代の一つの時代をになった、
重要な画廊を経営した人物であった。

謹んで、謹んでご冥福をお祈り致します。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。