So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

善き人のためのソナタ [映画]

2007年9月16日(日)

【予定】明日17日から19日まで四国に行ってきます。加藤力さん、太田丈夫さん、彦坂敏昭さんとの4人の直島・丸亀アートツアーです。

【映画】善き人のためのソナタ
 33歳の監督が作った、エンターテイメントとして善くできている良い映画。アカデミー賞外国語映画賞受賞のドイツ作品。《超1流》の《超1流》の《超1流》。
 
 東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていた監視システム・シュタージ(国家保安省)を描いている。冒頭の、嘘を見破る尋問のテクニックが、面白い。彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。アーティストとしてのお勉強でも必見。

 役者としては、なんと言っても、その監視をしている国家保安省の役人を演じたウルリッヒ・ミューエが《超1流》。この映画撮影後、病死している。彼の抑制された演技の輝きを見るだけでも、値打ちがある。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。