So-net無料ブログ作成
検索選択
心理学 ブログトップ

母ザルが歯磨きしつけ [心理学]

母ザルが歯磨きしつけ 京大が確認

3月10日22時33分配信 産経新聞


 タイに生息し、人の髪の毛を使って歯に詰まった食べ物のかすを取り除く「歯磨き行動」をする野生のカニクイザルの中に、子ザルが見ていると特に大げさに歯磨き行動を行う母ザルがいることを、京都大学霊長類研究所の正高信男教授(霊長類行動学)の研究チームが突き止めた。子供に関心を向けさせ、歯磨きを教える「しつけ」とも考えられるといい、こうした行動が人間以外で確認されたのは初めて。研究成果が11日発行の米科学誌「プロスワン」に掲載された。

 歯磨き行動をするのは、バンコクの北東約140キロのロブリーに生息するカニクイザル。約250頭の群れの中で約100頭が、デンタルフロス(歯間磨き)のようにヒトの髪の毛を使って歯の間に詰まった食べ物かすを取り除く。

 カニクイザルは東南アジアに生息しているが、歯磨き行動が確認されているのはロブリーの一群だけ。10年ほど前から見られるようになったという。サルは街中で暮らしており、人と接する中で学んだ行動と考えられている。

 研究チームは、1歳の子を持つ7頭のメスザルに注目。カツラの毛を与えて、周囲に子供がいる場合といない場合についてビデオ撮影して詳しく分析した。その結果、子供が見ている場合は、髪の毛を両手に取って口に入れた後、歯を上下させる一連の動作(スナッピング)を頻繁に繰り返すことが判明。回数は見ていない場合の約2倍で、動作自体が大げさになっているという。母ザルは自分の行動を変えることで、子ザルが歯磨きを習得しやすいようにしているとみられる。

 正高教授は「人間以外の動物は、教育をしないというのが常識だが、今回の実験で、教えることの芽生えがサルにもみられたと考えることができる。教育の起源を解明することにもつながる」としている。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

猿の中の中に、教育行動があるのは、
間接的にだが、予見されていた事であった。

それは、群れから離されて、単独に育てられた猿が、
充分には生殖行動や、出産行動が出来ないと言う研究で、
むかし、テレビのドキュメンタリーで、衝撃的な映像を見ている。
それは出産を理解できなくて、生まれて来た子供を捨ててしまう
母猿であった。
この母猿は、猿の群れから離されて育てられた猿であった。

群れのなかで、生殖や出産を見ていない、
無教養の猿は、子孫を残し得ないのであって、
教育は、子孫を残す上でも、重要なのである。

人間になるとなおさらであって、
教育を欠いては、生存すらが、おぼつかなくなる。

天然では、人間は生き得ないのです。

大相撲大麻事件の4人の人相分析(加筆1) [心理学]

【大相撲大麻事件】

crm0901311102012-p1.jpg  

《想像界》の眼で《第1次元》の《真性の人格》
《象徴界》の眼で《第6次元》の人格
《現実界》の眼で《第6次元》の人格

《想像界》の人格
気体人間
《気晴らし人間》《ローアート的人間》

シニフィエ(記号内容)的人間。


「以前から葉巻混ぜ吸引」


     と若麒麟容疑者

2009.1.31 11:00


 大相撲の十両力士、若麒麟真一(本名・鈴川真一)容疑者(25)の大麻所持容疑事件で、神奈川県警の調べに対し、若麒麟容疑者が「葉巻の中身をくりぬき、大麻と混ぜて葉巻に戻して吸う方法で、以前から吸っていた」と具体的な吸引方法

を供述していることが31日、分かった。

 一緒に同じ容疑で逮捕された友人のミュージシャンの平野力容

疑者(30)は、調べに「(若麒麟容疑者と)1年くらい前に飲

み屋で知り合った」などと供述していることも判明。

 県警は、二人が知り合った詳しい経緯や大麻の入手ルートを中

心に取り調べを進め、ほかにも大麻を所持するなどしていた仲間

がいないか確認する。

 県警によると、若麒麟容疑者は逮捕時、洋服姿で帽子をかぶっ

ていた。所持していた乾燥大麻は、葉巻の葉と一緒にティッシュ

に包まれていた。葉巻の葉は、大麻を吸引するために保管してい

たという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大相撲で、大麻を吸うと言う事件が連鎖しています。


何故に、大麻を吸うのか?
何故、大麻を吸ってはいけないのか?

これに対しては、大麻取締法被害者センターは次の様な内容の批判を
している。

若麒麟は解雇になる見通しだそうだ。その25歳の若者は、
人生の前途を閉ざされなければならないほどの罪を犯したのだろうか。
大麻所持それ自体によって、誰に、どんな被害や迷惑が及ぶと言うのか。
エラソーに御託を並べるだけの社説には何も書かれていない。
全てのダメージは、大麻取締法という、「目的」のない法律によって生じている。

【出典】http://asayake.jp/

しかし、、大麻取締法被害者センターが主張する様な、
大麻取締法の是非の議論は不用です。
一つは、法律で禁止していると言う事が、重要なのです。

法律などの《象徴界》言語そのものは、
問答無用、という性格が基本的にあるのです。

法律や《象徴界》の言語は、何故かの「目的」を説明しないのです。

モーゼの10戒が、「汝、人を殺すなかれ」というときに、
何故に殺してはいけないかを、説明しません。

道路交通法もそうですが、40キロの制限が、何故にあるのかは、
説明しないのです。

《象徴界》の言語というのは、説明はしないものなのです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

何故か?

その《象徴界》の言葉の裏には、人間の悲惨な体験が
あるからです。

飲酒運転の禁止もそうですが、
被害にあわれた
膨大な被害者の無意味な死の蓄積の結果が、
現在の飲酒運転を、過酷に処罰する法律になったのです。

麻薬を禁止する法の確立も、同様な、悲惨な現実の集積があるのです。

一つは、日本の近代史は、
幕末にイギリスが、中国の清朝に、阿片戦争をしかけ
1840年から42年の2年間戦いで、清朝が破れたことです。
その結果、中国人は悲惨な混乱の時期に入ります。

帝国主義による、麻薬と侵略というこの組み合わせを、
隣国の滅亡に見た日本は震え上がったのです。

明治維新は、
この麻薬を使ったイギリスの侵略攻撃への対抗処置として
日本社会の防衛のために発動されたという記憶が、
日本人の奥底にしみ込んでいるのです。

大麻の所持や栽培について、少量所持であっても最低刑を懲役刑と定め
ているのは、先進国8カ国中で日本だけであるのですが、
日本の麻薬への過敏さは、国是としての性格があると思います。
その国是的性格を、《象徴界》言語は、
不動の掟として確立しているのです。

北極星が動かないから、旅人の目印になるように、
法は、不動性があるのです。

日本社会の麻薬に対する過敏さは、
こうした不動性に関わる問題です。
麻薬の禁止は、日本近代史の中で、不動性を確立しているのです。
だから、日本での大麻解禁は無理と、私は思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何故に大相撲の相撲取りは、
大麻を吸うのか?

フロイト的に言えば、ストレスが高くて、このストレスを発散して、
ストレスの無い状態に下げたかったのですね。

フロイトは、科学者で、心理現象を、ストレスとその放出という形で、
明快にとらえます。異論は多いと思いますが、
私はフロイトを信じます。

おしっこがたまって小便をしたいのと同じで、
ストレスがたまると、それを出したいのです。
ただ、それだけとして、心理現象を考えるのです。

大麻でストレスを発散できないのなら、
他の方法が必要なのです。
それを指導できない日本相撲協会が問題なのです。

いや、本当は、ストレスを発散したいという衝動を抑圧することを、
教えなければならないのです。
おしっこがたまって小便をしたくても、
それを我慢する。
解放への希求を断念しなければ、
相撲取りとして、強くならないのです。

この辺の、フロイトの言う「文化断念」が相撲に必要だから、
相撲取りのストレスが高いのですが、
このむずかしい問題を考えるために、
大相撲大麻事件を起こした相撲取りの顔を見てみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若ノ鵬 寿則 
2008年8月19日、財布の中に大麻入りのたばこを所持していたとして
大麻取締法違反で逮捕された。
現役幕内力士の逮捕は史上初の出来事でした。

日本相撲協会は、若ノ鵬を解雇します。
現役力士に対して解雇の処分が下されるのは初めてでありました。

106388_c450.jpg
《想像界》の眼で《第1次元》の《真性の人格》
《象徴界》の眼で《第6次元》の人格
《現実界》の眼で《第6次元》の人格

《想像界》の人格
気体人間
《気晴らし人間》《ローアート的人間》

シニフィエ(記号内容)的人間。
『平気でうそをつく人』
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
《想像界》の人格で、
しかも《1流》であるという《第1次元》の人です。

つまり普通の意味で良い人で、それは同時に『平気でうそをつく人』
なので、世間体は気にする人です。

《第1次元》の抑圧を強く持っている人なのです。
なにも抑圧がなければ相撲取りにもなれません。

もしも《想像界》でも抑圧を持っていなかったなら、
相撲取りにもならなかったでしょう。
相撲取りになるということは、
稽古や取り組みの辛さに耐えて行って、
より上の関取になり、横綱になろうという上昇意識が必要です。
それには、つらさを我慢しなければならない。

それは一応あるのです。
普通の凡庸な人よりは、我慢があります。
凡庸な人と言うのは、我慢しない人のことです。

そういう抑圧は一応持っているのですが、
その抑圧が3分の1しかなかった。

つまり《象徴界》《現実界》は《第6次元》という天然の自然主義
だから、事実上《象徴界》も《現実界》も無い人だったのです。
無いと言う意味は、抑圧していないと言う事です。

だから大麻を吸う快楽そのものが悪い事だと言う事も、
《象徴界》が抑圧的に作動していないので、
本当の意味では、理解していなかった。
【快楽】を断念することが、相撲には必要なのです。
【快楽】は、麻薬によってではなくて、相撲に勝つことによって、
えなければならないのです。


そして大麻を吸って、逮捕されると日本ではたいへんな事に
なると言う事も、ほんとうの意味では理解していない人だった。

《想像界》だけの人と言うのは、人数的には多数いるのですが、
しかしその人々は、事実上子供のままで、それ以上の人格の成長が
無いのです。

人格的に成長させるためには、自然の衝動を抑圧しなければならない。
【快楽】の抑圧と、文化断念です。
しかし、それが普通の人は嫌なのです。

抑圧を避けているから、、
《象徴界》や《現実界》の人格が派生して来ない。
だから、本当の意味で、社会的に大麻を吸う事が悪である事が、
理解ができない。
【快楽】は、他の事に転化しなければ、昇華が起きないのです。
相撲では、勝つ事が【快楽】にならなければ、相撲取りではない。

そのくせに《第1次元》の人格を
《想像界》で持ってしまっているのです。
真面目な人で、《第1次元》の抑圧が高かったのだろうと思います。
そして想像界での抑圧から生じるストレスを発散させる方法を
持っていなかった。
ある種の人格未発達症であって、
気の毒だと、私は思います。

東京地方検察庁は、若ノ鵬が所持していた大麻が、大麻取締法の起訴の基準となる所持量に達していないこと、容疑者が初犯で容疑を認めていること、社会的な制裁を受けている事を考慮し、若ノ鵬を処分保留のまま釈放し、起訴猶予処分としたのでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
露鵬白露山.jpg

2008年9月、日本相撲協会は、抜き打ちで簡易検査による

尿検査を行いました。

その中で露鵬と白露山の2名の尿のサンプルから陽性反応が出たのです。

精密検査の結果は、高い数値を示していることなどから、

大麻の使用を否定するのは難しいと結論付けて、

北の湖理事長は、理事長を辞任。

大嶽親方は委員から年寄へ降格。

露鵬と白露山は解雇処分とすることを決定したのでした

日本相撲協会の理事長を辞任に追い込む、大事件になったのです。


【続きは下をクリックしてください】

続きを読む


心理学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。