So-net無料ブログ作成
検索選択

小林多喜二の蟹工船(加筆1画像追加) [本]

蟹工船.jpg

小林多喜二の蟹工船が売れているというので、
驚いて買って、読んでいる。

恥ずかしながら、今まで、読もうともしてこなかった。

小林 多喜二1903年1933年)は、日本プロレタリア文学の代表的な小説家である。秋田県下川沿(しもかわぞえ)(現大館〔おおだて〕市の北方)の没落農家(貧農)の次男にとして生まれる。

読んで驚くのは、文章の良さである。
そして蟹工船にいる男たちの性欲描写を含めて、
非常に過激な文章で、率直に驚いた。

まず、冒頭の「おい、地獄さ行(え)ぐだで!」という始まりは、
すばらしい。

蟹工船10.jpg

《想像界》の眼で、《超1流》
《象徴界》の眼で、《41流》から《超1流》の重層表現。
《現実界》の眼で、《41流》

すごい《41流》文学である。
3界で真性の芸術である。
素晴らしい、の一言である。

これは殺されると思った。
特高警察に逮捕され、30歳の若さで殺されている。

小林多喜二20.jpg

Wikipediaによると、次のようである。

1933年2月20日、逮捕される。同日築地警察署内においての取調べは、「警視庁から特高係長中川成夫が、部下のテロ係りの須田巡査部長と山口巡査を引きつれてやって来て、訊問にとりかかった。すると小林は今村を省みて、『おい、もうこうなっては仕方がない。お互に元気でやろうぜ』と、声に力をこめていい放った。/それを聞いた特高どもは『何を生意気な』というが早いか、中川警部の指揮の下に、小林を寒中まる裸にして、先ず須田と山口が握り太のステッキで打ってかかった」。

その後警察署から築地署うらの前田病院に搬送され、19時45分、絶命。

遺族に返された多喜二の遺体は、全身が拷問によって異常に腫れ上がり、特に下半身は内出血によりどす黒く腫れ上がっていた。死顔は日本共産党の機関紙『赤旗』(せっき)が掲載した他、同い歳で同志の岡本唐貴により油絵で描き残されている。

中央公論編集部は、『党生活者』の原稿を『転換時代』という仮題で『中央公論』に、遺作として発表した。

3月15日には築地小劇場で多喜二の労農葬が執り行われた。

なお、小林多喜二を虐殺した時の特高警察部長は安倍源基であり、その部下であった毛利基特高課長、中川成夫警部、山県為三警部の三人が直接には手を下している。

 

小林多喜二を殺した安倍源基というのが、また凄い!

安倍 源基1894年明治27年) -1989年平成元年))は、日本内務官僚内務大臣弁護士

内務官僚というのは、内務省の官僚だが、内務省というのは、特攻警察と国家神道の部署もあり、戦前の国家総動員態勢と戦争遂行の中枢を占めた役所である。

この安倍が、警視庁特高部長であった1933年には、戦前でも最多の19人が特高の拷問で虐殺された

 安倍は、第二次大戦が終わると、A級戦犯の一人として起訴されたが、東條英機たちへの処刑が終わると、占領政策の転換で不起訴となり釈放される。その後、岸信介木村篤太郎と共に右翼の連合組織である新日本協議会を結成。後に叙勲されている1956年に行われた第4回参議院議員通常選挙自由民主党公認で山口地方区から立候補し、落選。

 

 

小林多喜二11.jpg

小林多喜二の顔である。

鬱病的顔つきである。

 

《想像界》の眼で、《8流》

《象徴界》の眼で、《41流》から《8流》までの重層人格。

《現実界》の眼で、《超1流》

 

彦坂の格付けでは、《8流》から《41流》というのは倒錯領域なので、

この倒錯領域だけに《象徴界》の人格があると言う人は、

小林多喜二がはじめてである。

これは特異な人格を持っていたと言える。

 

気になったので、

岡本唐貴と、片山潜の顔を見てみる。

 

岡本唐貴.jpg

片山潜.jpg

二人とも、同じ様に《41流》から《8流》の顔である。

共産党という非合法組織に入った人物たちは、

ある意味でヤクザと同様の裏の社会の住人であったののかもしれない。

 

kanikosen4.jpg

 


タグ:蟹工船
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。