So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲイムービー


同性愛の映画としては、ダスティン・ホフマン『真夜中のカーボーイ』(1969年)がありました。

この映画はすばらしいものであったのですが、《第31次元》から《第40次元》の映画であったのです。

《第1次元 社会的理性領域》が倒錯した領域が、《第31次元》から《第40次元》なのです。

つまり同性愛を「性的倒錯」と言う事に対する可否の問題は、もしかすると今日あるのかもしれません。私自身は同性愛者ではありませんが、かといって、同性愛者を差別したり侮辱したりする気持ちもありません。私がここで取り扱うのは、ゲイムービの中でも商業的な映画に見られる美学的な傾向性なのです。

ですから、ここで問題にしているのは、同性愛やゲイ、あるいはホモと呼ばれている事象を問題にしているのではなくて、それらを主題にした、いわゆるゲイムービの中で、《第1次元 社会的理性領域》が倒錯した《第31次元》から《第40次元》の領域を示している映画を集めてみるという事なのです。

こういうことに興味を持ったのは、


ゲイ映画としては、2008年の映画ですが、自らゲイであることを公表した活動家ハーヴィー・ミルクの生涯を描いた伝記映画『ミルク』があります。ショーン・ペン主演のすばらしい映画ですが、これもまた《第31次元》から《第40次元》の映画であって、《第1次元 社会的理性領域》の倒錯した美学性を示しています。


3本のアメリカ映画の名作がこのような《第31次元》性を示していると、ゲイ映画はすべて《第31次元》から《第40次元》であると短絡した結論を出したくなりますが、それは間違いです。

 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。