So-net無料ブログ作成

阿修羅展を見ました。 [アート論]

阿修羅展を見て来ました。

もともと阿修羅像は、日本の仏像の中で、
最初に《超次元》性に達したものとして、
私も高く評価していました。

皇居美術館の中には、
この阿修羅像も収蔵するということがあって、
約1年ほど前に、
奈良県興福寺の八部衆像がすべて展示された時に、
わざわざ見に行っています。

しかし後ろから見た事は無かったのです。
今回、後ろから見ることができて、
その制作が、完全に彫刻として、
後ろからの鑑賞にも耐える、
たいへんに良い作品で驚きました。

ここまで良い作品とは、思いませんでした。
すごいものです。

【続きは下記をクリックして下さい】
もう一つ驚いたのは、
この阿修羅像は、姿は、三面六臂です。
三つの顔に六つの腕があるのです。

まず、この三つの顔を比較して見た事が、
ありませんでした。

それは横から見る事が出来なかったからでもあります。

初めて三面を見ました。
正面の顔は、《超次元》
左側の顔は《第41次元》
そして右側の顔は《第6次元》でした。

彦坂尚嘉の42段階のアートの格付けで言えば、
全領域を、この三つの顔で表現している事になります。

さらに言えば、こうしたアートの格の複合化が
されていることに、驚きがあります。

六つの腕の表現も秀逸で、
特に上に上げられた腕が、上部の巨大な空間を支える表現で、
目を見張るものがありました。

もともと仏像の起源は、ギリシア彫刻にありますから、
こうした彫刻としての自立した成立は、
当然ではありましたが、
しかし日本の通念では、
彫刻は明治になって西欧彫刻が入ってからであって、
仏像を彫刻として評価するという傾向は薄いところがありました。

しかし今回の展示によって、
日本彫刻史は、
書き換えられたという思いを持ちました。

たいへんに混雑していますが、
必見の展覧会であります。


タグ:阿修羅展
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。