So-net無料ブログ作成
検索選択

田嶋奈保子の「燃える家」のパフォーマンス(加筆5改稿2校正5) [気体分子ギャラリー]

下記で、田嶋奈保子のパフォーマンスが見られます。

田嶋奈保子/崩壊.jpg
さて田嶋奈保子の最初の作品を見たのは、
「崩壊」という水彩画であった。
ご両親の不仲による、家庭崩壊を主題にしたこの絵画は、
私を打つものがあった。

不幸な人は、良い作品をつくる。
そういうものなのです。

その後、田嶋奈保子は、「燃ゆる家」と題されたシリーズを
描き始めました。

それは彦坂敏昭の「燃える家」に続く様にして始まったのです。
私は最初の「崩壊」という作品は、早くに見ているので、
主題そのものは、彦坂敏昭さんの影響ではないのは知っています。
題名については相談を受けたのですが、
良いのではないか、と答えました。

pic_artist_hicosaka07.jpg
何故に、彦坂敏昭も、田嶋奈保子も、
燃える家を主題に選んだのだろうか?

おのおのの必然性は違うのでしょうが、
しかし、今、世界は金融危機の中で燃え上がり、
崩壊を始めているのです。
このことと、深く関連しているとは言えないかもしれませんが、
そういう時代を象徴する美術になっているとは言えます。

彦坂敏昭/田嶋奈保子.jpg
彦坂敏昭                 田嶋奈保子
《想像界》の眼で《第8次元》のデザイン  《想像界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》 
《象徴界》の眼で《第8次元》のデザイン  《象徴界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第8次元》のデザイン  《現実界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》

《想像界》の美術、気体美術。       《想像界》《象徴界》《現実界》の3界をもつ重層的な表現
                      気体/液体/固体/絶対零度の4様態をもつ多層的な表現
《シリアス・アート》《ハイアート》    《シリアス・アート》《ハイアート》
シニフィエ(記号内容)の美術        シニフィアン(記号表現)の美術
《原始平面》『ペンキ絵』         《透視画面》「オプティカル・イリュージョン」
【B級美術】                                                          【A級美術】   
                     


彦坂敏昭さんの、2006年の最初の燃える家は、《超次元》だったので、
それを使いたかったのですが、ホームページの画像が、
完全には開かなくて、使えませんでした。

どうしても今の時代の主流がシニフィエ(記号内容)の表現なので、
彦坂敏昭さんが、デザイン的エンターテイメントになってしまったのは、
止む終えない事とは思います。
田嶋奈保子さんにしても、同じ道を歩むことは、あり得るのです。

新人で、アーティストが登場するときには、
既成の美術界とは異質な作家として出てくるのですが、
その異質性は、長くは維持できないのです。

かならず、周辺を覆う、凡庸性に同化していってしまう。

かといって、同化を拒絶する作家は自閉して、それも限界を露呈する。

同化しつつ、かといって差異をも生産し続けるという、
そういう差異と同化の回転するエンジンを持つアーティストは、
極めてまれなのです。

田嶋奈保子/燃える家 01 .jpg
脳みその様なフォルムで、家が燃え、家族が崩壊して行く。

《想像界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》

《想像界》《象徴界》《現実界》の3界をもつ重層的なの作品、
気体/液体/固体/絶対零度の4様態をもつ多層的な表現。

《シリアス・アート》《ハイアート》
シニフィアン(記号表現)の美術。

《透視画面》『オプティカル・イリュージョン』【A級美術】

前にも書きましたが、田嶋奈保子の作品を下手だという批判が
ありますが、
彦坂尚嘉の視点で見ると、《第41次元》の《シリアス・アート》で、
しかも《ハイアート》になっている、
良い作品という事になるのです。


田嶋奈保子/燃える家 04.jpg
田嶋奈保子/燃える家2.2.jpg
燃ゆる家は、海に乗り出して行く。

海に怯える燃えゆる家 2.jpg
燃える海上の家  50 号修正後.jpg

作家をほめることは、実は良く無い事です。
また、ほめられたくて作品を作る様になると、
作品は悪くなるのです。
ほめられる目的で、作品を作ってはいけないのです。
難しい事です。

ほめられるという快感が、制作をする目的ではないのです。

では、何なのでしょうか?

他人の思惑を超えて、
盲目的に芸術の道を歩む。

こう言うと再び、何かを、間違えます。

どのような結論を出そうが、
間違えるのです。

単純な結論は無いと言えます。

制作そのものの難しさと、複雑さ。
そして寿命の短さ。

宇宙の闇で燃えゆる家.jpg
宇宙の闇で燃えゆる家 3.jpg
宇宙の闇で燃えゆる家2のコピー.jpg
燃え上がり、溶けて行く家。

《想像界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》
《現実界》の眼で《第41次元》の《真性の芸術》

《想像界》《象徴界》《現実界》の3界をもつ重層的なの作品、
気体/液体/固体/絶対零度の4様態をもつ多層的な表現。

《シリアス・アート》《ハイアート》
シニフィアン(記号表現)の美術。

《透視画面》『オプティカル・イリュージョン』【A級美術】

先日の「深川ラボ」での個展では、
「燃ゆる家」のパフォーマンスで、
自分の長い髪の毛を使った、ペインティングをして、
YouTubeで、発表しています。

_MG_5901 小.jpg

さらに、マッチで小さな家に放火するパフォーマンスも行います。

_MG_5915 2.JPG
私が、この「深川ラボ」の田嶋奈保子のパフォーマンスで、
一番感銘を受けたのは、
「顔面ペインティング」でありました。
赤い絵の具を浸けて、自らの顔でキャンバスに絵の具を
擦りつけたのです。

_田嶋奈保子/顔面ペインティング.jpg

アーティストというのは、普通の意味での幸せな生活というのは、
断念しなければ、成立しません。

幸せな生活を、なぜ、断念しなければならないのか?

断念したと言うより、
断念させられて、
断念し続ける事でしか、生き得ないのです。

そうした事は、単なる観念的な事ではなくて、
生理的にも不快感の中を生きる事なのです。

不快の中を生き続けるしか無い、
不幸な人生。

若い女性が、顔に絵の具をつけて描くというのは、
田嶋奈保子という20歳代半ばの女性作家の、
なみなみならない精神の力を感じたのでした。

不幸を生き続けるということから、
逃げない事。
ただ、ひたすら、悲惨な死へと向かって、
一歩一歩歩む時に、
それが、一点一点作品を作り続けるということと、
重ねて行くという、人生。

d0031562_17324378.jpg

田嶋奈保子の家庭崩壊は、
しかし田嶋奈保子個人の問題ではなかった。
現在の時代は、多くの家族が崩壊し、ばらばらになって行く。
その中で、家に火をつける事件も頻発し、
多くの家族殺しの事件も起きたのです。

DSCF0006_2_thumb.jpg

自宅に放火で中2逮捕、家族6人殺害未遂



自宅に火を付け、家族を殺害しようとしたとして、神奈川県警大和署は29日夜、殺人未遂と放火容疑で、神奈川県大和市の市立中学2年の男子生徒(14)を逮捕した。

 調べに「普段から両親に勉強や生活態度のことで怒られ、うっぷんがたまっていた。重圧に耐えきれなくなり、家族がいなくなれば自由に生活できると思った」と供述しているという。

 調べでは、男子生徒は29日午前3時45分ごろ、自宅2階で就寝中の父親(42)と母親(41)、小学5年の弟(11)の布団や、1階のリビングにあったこたつ布団などに食用油をかけ、ライターで火を付け、家族6人を殺害しようとした疑い。

 両親がすぐ気付き、消火した。1階や2階の計約7平方メートルを焼いた。1階には祖父(70)と祖母(65)、叔父(38)が寝ていた。

 生徒は、2階の自室にあるベッドの下に包丁を隠しており、「全員死んだら自分も死のうと思った」と話している。(共同)

 [2009年1月30日21時9分]

DSCF0008_thumb.jpg
2006_0126060125kaji0024.jpg
070314_05.jpg
20050130_0.jpg
a0048380_22201077.jpg

日本の家族崩壊だけではありません。
【続きは下記をクリックして下さい】
世界が崩壊して行くのです。

今日の金融危機は、地球規模で火事になり、崩壊して行くかの
状態になっています。

539w.jpg
99783526_8cf52373be.jpg
Crown fire photo1 - credit bushfire CRC and DSE.jpg
090209-01-australia-fire_big.jpg
_45457770_jex_285498_de27-1.jpg
6d4ceffc7d5cbd07d93479ee55664c5a.jpg
312494main_ausfires_20090209_4x3_946-710.jpg
それに合わせるかの様に、
オーストラリアでは、大規模な山火事が起きました

死者300人?—豪州の山火事

2月11日21時27分配信 時事通信


山火事に見舞われたオーストラリアのメルボルン北東のスティールズクリークで、現場検証する警察官ら。捜索が進んでいない地域の状況が徐々に判明、犠牲者が300人に達するとの見方が出てきた(11日)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

もともと田嶋奈保子は、火に縁があったのです。

ガラスを、武蔵野美術大学で学んだアーティストであったのです。

ぷにん体(照明)小.jpg

ガラスのかけらたち小.jpg
火星の華.jpg

ガラス作家が、現代アートをやって、
パフォーマンスをやり、絵画も描いて、
そしてガラス作品もつくるという。

ガラスという炎の芸術が、
こうした燃ゆる家の作家として登場してくると言うのも、
今まで無かった事で、
どこまで展開できるのか?

短命で終わるのか?

それとも大きな大木の様な作家に育って行くのか?

origin2.jpg
輪廻転生小 -01.jpg
輪廻転生小-1.jpg
田嶋奈保子のガラス
《想像界》の眼で《第1次元》の《真性の芸術》
《象徴界》の眼で《第1次元》のデザイン的エンターテイメント
《現実界》の眼で《第1次元》のデザイン的エンターテイメント

《現実界》の作品、気体美術。

《気晴らしアート》《ローアート》
シニフィアン(記号表現)の美術。
《原始立体》【B級美術】


下記で、田嶋奈保子のパフォーマンスが見られます。


タグ:田嶋奈保子
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。