So-net無料ブログ作成

反覆(加筆1) [哲学]

私の最初の著作は、『反覆・新興芸術の位相』という。
1974年に田畑書店という所から出した。

私が、映画批評家の松田政男氏との関係から、田畑書店が出版してくれると言う話を作って来た。
美術家共闘会議(BKYOTO)の記録を残そうと思ったのである。

そして、最初は堀浩哉氏と一緒に共著という形で、1年間の準備が進められたのだが、1年経つと、堀氏は、降りてしまった。堀氏は、自分で言った約束事を守らなかった。そういう矜持の無い人である。堀浩哉は、美術家共闘会議の議長であったが、その思想的な総括もしないし、議長としての責任も取らない男だったのである。止むなく、後1年を費やして,独りで出版する形を取った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1995年、清水誠一とモダニズム研究会を立ち上げ、同じ世代の作家たちと読書会をする一方、『再生構造展』という、大規模な美術展を企画した。会場としてはSOKO東京画廊の全室と、湯河原の上田ギャラリーのアネックスと言う良い建築の会場だった。
1970年代の美術家による、回顧と新展開の美術展であった。
すべてを私が準備した。間際で、清水誠一以下の作家たちが、一斉に降りてしまった。
これは、画廊に対する私の信用も失墜し、大きなダメージであった。
さすがに私は、同じ世代の作家の矜持の無さを、良く理解した。
彼らは、自分たちの作品の総括も、美術史的責任も取らない人間たちであったのである。彼らは、この裏切りで、1970年世代表現としての美術史的陣地の構築をしそこなったのである。

堀浩哉氏にしても、1970年代作家たちにしても、歴史の基本が、まったく理解していないのである。逃げないで総括する事と、責任を取って行くことが重要なのにである。

歴史的に自滅する様な、無責任な行動を選択する。ラカン的な精神分析の眼で見れば、《想像界》だけで主体を作っている普通の人は、歴史に流される事は出来ても、この自分の参加した歴史を引き受けて、《象徴界》的に屹立して行くことが出来ないのである。簡単に言えば、責任逃れに走ってしまうのである。そういう弱さでしか、生きられない。

ただ、私自身は、友人が裏切る事は、常に織り込み済みであった。ブルータスお前もか!というのも、明智光秀の乱も、歴史上においては必然でしかない。だから、いつも二の矢を用意している。私はしたたかなのである。

この時は、『AIR』展という名前で「美術家共闘会議結成30周年記念展」を別に用意していた。宮本隆司、石内都、堀浩哉、彦坂尚嘉の4人展を、3会場で、逐次展開したのである。3会場というのは、ギャラリー山口、東京画廊、そして横浜ポートサイドギャラリーである。
宮本隆司と石内都の2人は、良く付き合ってくれたのである。感謝している。
この企画には、「写真の会賞」を受賞した。

これを見て清水誠一が、反省して、再度展覧会を一緒にやろうと、電話して来た。
「来るものは拒まず、去る者は追わず」であるから、以後、清水誠一だけは、付き合いが続いていて、良い友人となっている。清水誠一だけが、私の世代で、唯一果敢に自己展開をしているアーティストであって、その矜持の高さは、敬服に値する。根性があるのである。

最近、別の男が、やはり約束をたがえて降りるということをして、まあ、改めて、そういう変節ということを考えた。これは海外旅行の企画であったが、まあ、経緯から考えると、この変節も矜持がないものである。企画をしてくれている人への迷惑も考えない、無知無能の腑抜けである。

そういうひどい事を、自分がしなかったかと言えば、若い時に自分にも心当たりはあるので、まあ、人の事は言えないと言う反省をする。

人間は、無知無能である。

全知全能を神というのだから、
概念的類推をすれば、無知無能というのは、
全知全能の反対である。
つまり無知無能というのは、悪魔ということになる。

無知無能な人は、悪魔である。
人間は、愚劣な悪魔である。
そういうことが、良く理解で来る無差別殺人の時代なのである。

そういう意味では、変節する人というのも、
無知無能なのだろうし、他人に迷惑をかけて喜んでいる事に於いても、悪魔である。
悪魔とは、できれば付き合いたくない。

泥棒の常習者とか、性的乱交者といった人とは、
付き合わない方が安全なのである。

嘘を、病的に多くつくアーティストもいたが、こういう人とも付き合わない方が良い。

しかし無知無能ということを考えると、
自分自身が、ひどい無知無能で、
だらしのない腑抜け人間である。

今回は、意を決して、自分が人生でなし得なかったことを書き出してみた。

少なくとも7つ揚げようとしたのだが、軽く7つを越してしまった。
私自身も、相当な悪魔である。
できれば、自分自身とは、付き合いたくないのである。

さすがにここでそのリストを公開する度胸はない。
ひどいものだからである。

そのリストを見て思う事は、
まったく無知無能で、自分が何をなし得るのかも、分からなくなった。
ただただ、無能の中に沈んで、無為の生きて来た様に思える。
自分自身が悪魔なのである。
矜持が無い。

反覆という言葉は、もともとはキルケゴールの小説の『反復』から来ている。
「反復」というのは、繰り返すという意味である。
それを、くつがえすという意味を持つ、「反覆」という言葉に拡張したのが、
拙著の題名にした「反覆」と言う、私の方法であった。

私自身は、人生の中で、何回か、大きな展開をしてきている。
脱皮して来ているのである。
蛇が、皮を脱ぎ捨てる様に、脱皮する。
そうすることで、かろうじて、転がり続けて来たのである。

今、再度決意するのは、
もう一度、自分自身の構えを、くつがえす事である。
つまり反覆である。
悪魔の自分を反覆するのである。

■作品制作が、ある次元を超えた事。そのことで、制作の水準が、全然変わってしまった。

■本を出版した事。それでの区切りは大きい。執筆者としての自覚を得る事で、次の課題が見えて来ている。

■そしてウエーブギャラリーを立ち上げようとしている事。
これは30年前に洋画商史の調査から出発して、村松画廊や、ギャラリー手、東京画廊での展覧会企画を、無償どころか持ち出しで追求して来た事の、最終決算である。
なにか出来るとは思わないが、自分が良いと思う作家を擁して、売ってみたいのである。もっとも先に作品を買い取るのだが・・・。買い取り制のギャラリーをやりたいのである。

そういう訳で、新たな、活動のスケジュールを作らなければならない。
ところが、人間は保守的だから、新しい次元に移りたくないのである。
怠惰に、保守的に、同じ事をしていたい。

とにかく、歳をとると意欲がなくなる。
無理矢理でも、活性化しないと、何もできない。
自分の動かすエネルギー源を確保しなければならない。

原子力発電の原理ではないが、
エネルギーは、自分自身を壊す事で得られる。

活性化で一番良いのは、若い時にやらなかった事をやる事である。
そうすると、無知無能リストであげた項目は、ぴったりである。

というわけで、自分の無知無能と、逃げずに向き合い、挑む事にした。

手法としては、一つは嘘をつく。嘘としてやるのだ。
二つには、少しだけやる。
三つには、ゆっくりやる。
四つには、時間をかけてやる。
五つには、無意味であると、自分に言い聞かせる事である。

無意味については、また別の日に書きたいと思うが、
意欲をかき立てる為には、この無意味感の確認が重要である。

さて、人にも言えない様な無知無能ぶりが、
はたして、向き合って格闘できるのか、お楽しみである。

ゴムボールを切って、
裏表をひっくり返すというのが、
反覆のイメージである。
自分自身を裏返すのである。

自分の内側が外に出て、
外が内側に取り込まれるのである。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

満腹

なかなか、ダークでディープな哲学、おもしろく読ませていただきました。

さて、私も最近、人間(特に自分を)はまったく無知無能であると考え、自身なにか、打破できるきっかけはないかと、思慮しているとこでありました。
彦さんの、なしえなかった無知無能はふせられて結構ですが、今度、
「私自身は、人生の中で、何回か、大きな展開をしてきている。」部分を参考までにお聞かせ願えれば、と人生の後輩から説にお願い申し上げます。
by 満腹 (2008-07-23 12:23) 

ヒコ

コメントありがとうございます。なかなか巧くお答えできませんが、もう少し時間をください。メインの方でお答えします。
by ヒコ (2008-07-24 16:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。