So-net無料ブログ作成

ダミアン・ハーストの骸骨 [アート論]

ミアン・ハーストのダイヤモンドを使った頭蓋骨の彫刻「For the Love of God(神の愛に捧ぐ)」
下品すぎて、取りあげたくはないが、
3界の眼では、どう見えるのかが、興味があって、番外で取りあげる。

王室御用達の宝石商ベントリー&スキナーとの共同制作でつくられたのは、ダイヤモンド総数8,601個、カラット総数1,106、頭蓋骨の額に一粒52.40カラットの巨大ダイヤモンドが埋め込まれて、制作費36億円が投入されたという、
馬鹿げた作品。

むかし、ダリの宝飾作品の美術館があって見たけれども、こういうお金のかけ方は、芸術の作り方では、全くない。ダリのも良くなかったが、これはもっとひどい。

売値120億円(50ミリオンポンド、99ミリオンドル)。
アートバブルの象徴的作品。

さて、

〈想像界〉の眼でみても、〈21流〉のイメージ
〈象徴界〉の眼でも、〈21流〉〈21流〉〈21流〉
〈現実界〉の眼では、〈超1流〉〈超1流〉〈超1流〉

おもしろいですね、
やっぱり、やってみて良かった。
〈現実界〉の眼というのは、こういう下品なものを、〈超1流〉と判断する。
まあ、確かに売値120億円の作品ですから、当然ではあります。

これはもちろん〈現実界〉の美術。
そして、気体美術。

さらに、これでも《合法》作品。ですからデザインです。
もちろん《実体的》。

ですからデザイン的エンターテイメント作品です。

芸術では無いのです。


コメント(3)  トラックバック(0) 

コメント 3

shira

うわ〜 品がないものを見ました。
私など、横着で彦坂さんのお話を理解できないままですが、他では知り
得ない新鮮な話題を、基盤のある意味付けと共に与えていただいており
ます。ありがとうございます。
by shira (2007-10-14 08:41) 

丈

「市場価値」だけで作品を成り立たせるとこういうところに行き着くのですね。極端な例として、参考になります。
by (2007-10-14 10:43) 

安心サポート

素人ギャルがアナタの前に降臨!!(*´д`)ノ http://www.fgn.asia/
by 安心サポート (2012-08-21 07:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。